大阪で相続登記、相続手続、遺産承継ならお任せください。相談料・見積り無料。まずは気軽にお電話ください。全国対応しています。

植田司法書士事務所

相続手続きについて

戸籍とは何か。

更新日:

大阪府八尾市の植田司法書士事務所です。

戸籍とは何か

そもそも戸籍とは何でしょうか。

戸籍とは、日本人が出生してから死亡するまでの身分関係を証明するもので、出生、結婚、死亡、親族関係などについて、登録・公証する公的証明書です。

現在の戸籍は、原則として一組の夫婦及びその夫婦と同じ氏の未婚の子を編製単位として作られています。

戸籍はどこで取れるか

戸籍は本籍地を管轄する市区町村で取得することができます。

本籍地は住所地の市区町村とは限りません。

本籍地が分からない場合は住所地の市区町村で本籍地が記載してある住民票を取ることで分かります。

 

戸籍は郵送でも取ることができますので、遠方の場合は郵送で請求する方がいい場合があります。

誰が戸籍を取れる?

戸籍は身分関係を証明するもので、とてもプライベートなことが記載されています。

ですから他人の戸籍を取得することができる人の範囲は、戸籍法において明確に定められています。

取得できるものは、原則として、配偶者、直系尊属(父母や祖父母)・直系卑属(子や孫など)だけです。

ただし、債権回収のために必要な場合などの「正当な理由がある場合」には、他人も限られた目的の範囲内で取得することができます。

 

なお、司法書士が相続登記を依頼された場合は、職務上請求書という司法書士専用の請求書によって相続人の戸籍等を請求し取得することができますので、お客様の手間をかけずに戸籍等をお客様に代わって取得することができます。

戸籍謄本と戸籍抄本の違いは?

戸籍「謄本」とは、記載されている内容の全部の写しです。

戸籍に記載された全員の身分関係のコピーということです。

 

戸籍「抄本」とは、記載事項の一部を抜粋して写しにしたものです。

ですから、家族全員の戸籍が必要ではなくて、例えば、長男の戸籍だけが必要な場合は、長男の記載事項だけを抜粋した戸籍「抄本」を取ることができます。

必要な部分だけ取れる方が、プライバシー保護の観点から良いことです。

戸籍の全部事項証明書と一部事項証明書の違いは?

現在、戸籍はコンピュータ化が進められており、紙ではなく電磁的記録で保存されています。

コンピュータ化されたもののうち、謄本のように全部の内容を記載したものを「全部事項証明書」、抄本のように一部の内容を記載したものを「一部事項証明書」と呼んでいます。

除籍、改正原戸籍とは?

除籍とは、その戸籍に記載されている全員が、死亡、婚姻、離婚、養子縁組、分籍、転籍などによってその戸籍から除かれた状態になった戸籍のことをいいます。

 

改正原戸籍とは、戸籍法の改正により、戸籍の記載内容や様式の変更があったために閉鎖された戸籍のことです。

-相続手続きについて

Copyright© 植田司法書士事務所 , 2019 All Rights Reserved.