大阪で相続登記、相続手続、遺産承継ならお任せください。相談料・見積り無料。まずは気軽にお電話ください。全国対応しています。

植田司法書士事務所

相続手続きについて

借金を相続したくない(相続放棄のやり方)

更新日:

大阪府八尾市の植田司法書士事務所です。

この記事では相続放棄について書かれています。

相続放棄とは

相続をするとお金や不動産などの資産を相続することになりますが、プラスの財産だけでなく、借金や保証人の地位などのマイナスの財産も相続してしまいます。

プラスの財産と借金を合計してプラスが多ければ、相続してもいい場合はあると思いますが、借金などが多く相続しないほうがいい場合もあります。

そのような場合には、相続放棄という方法があります。

相続が開始した場合、相続人は次のうちいずれかを選択できます。

単純承認 相続人が、亡くなった方(「被相続人」といいます。)の財産も借金も全部まとめて受け継ぐ

限定承認 被相続人の、借金がどの程度あるか不明だが、借金を返済したとしても残る財産がある場合などに、相続人が相続した財産を限度として、被相続人の借金などの債務を受け継ぐ

相続放棄 被相続人の財産も借金も一切受け継がない

ココに注意

遺産分割で何ももらわないことになっても、相続放棄ではありません

相続放棄とは、一切の遺産を相続しないという手続きです。

相続放棄をすると、その人は、はじめから相続人ではなかったことになりますので、借金や保証人の地位も相続せず、相続人であっても支払をする必要がなくなります。

相続放棄はいつまでにすればいい?

相続放棄には期限があります。

相続人は、

自己のために相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内に、

相続について、相続放棄をしなければなりません。

ですので、葬儀が終わったらできるだけ速やかに相続放棄をするべきか検討するべきです。

相続放棄をするにあたって注意するべき点

撤回はできない

相続放棄をすると基本的に撤回をすることはできません。ですので財産の調査をしっかりとしてから相続放棄をしなければなりません。

相続放棄が出来なくなる場合

「相続放棄をしたい!」と思っていても、既に「相続する意思がある」と法律上みなされる行為をしてしまっていて、相続放棄ができなくなる場合があります。

具体的に、どのようなものがそのような行為に当たるのかと言いますと

  • 不動産や自動車などの高額資産の売却
  • 預貯金を引き出して消費
  • 賃料の取立て
  • 賃料の口座名義を相続人に変更
  • 遺産分割協議に押印した
  • 株式の名義変更
  • 借金の一部を返済した

などです。

上記のような行為を行うと、たとえ法律の専門家であっても、相続放棄をすることは非常に難しくなりますが、場合によっては相続放棄することができることもありますのでお気軽にご相談ください。

相続放棄の期限が迫っている

相続放棄の期限は自己のために相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内です。

しかし、相続放棄をしようと思った時に相続放棄の期限が迫っていることもあると思います。

そういう場合には、3ヶ月以内という期間を伸長するように裁判所に申し立てることができます。

相続放棄したいけど、子供がいる場合は注意

相続放棄をしようとする人に子供がいると、亡くなった方の遺産を相続放棄をしようとする人の子供が相続する場合があります。

ですので、子供の相続放棄したほうがいい場合があります。

相続放棄の手続方法

相続放棄をするには、家庭裁判所に出向き、必要書類とともに届出をしなければなりません。さらに届出をするだけでなく、家庭裁判所にその届出を認めてもらわなければなりません。

どこの家庭裁判所に提出するか

被相続人の最後の住所地の家庭裁判所に提出します。

管轄裁判所を調べたい方はこちら

必要書類

(1) 相続放棄の申述書

(2) 標準的な申立添付書類

※ 同じ書類は1通で足ります。

※ 同一の被相続人についての相続の承認・放棄の期間伸長事件又は相続放棄申述受理事件が先行している場合,その事件で提出済みのものは不要です。

※ 戸籍等の謄本は,戸籍等の全部事項証明書という名称で呼ばれる場合があります。

※ もし,申述前に入手が不可能な戸籍等がある場合は,その戸籍等は,申述後に追加提出することでも差し支えありません。

※ 審理のために必要な場合は,追加書類の提出をお願いすることがあります。

【共通】

1. 被相続人の住民票除票又は戸籍附票

2. 申述人(放棄する方)の戸籍謄本

【申述人が,被相続人の配偶者の場合】

3. 被相続人の死亡の記載のある戸籍(除籍,改製原戸籍)謄本

【申述人が,被相続人の子又はその代襲者(孫,ひ孫等)(第一順位相続人)の場合】

3. 被相続人の死亡の記載のある戸籍(除籍,改製原戸籍)謄本

4. 申述人が代襲相続人(孫,ひ孫等)の場合,被代襲者(本来の相続人)の死亡の記載のある戸籍(除籍,改製原戸籍)謄本

【申述人が,被相続人の父母・祖父母等(直系尊属)(第二順位相続人)の場合(先順位相続人等から提出済みのものは添付不要)】

3. 被相続人の出生時から死亡時までのすべての戸籍(除籍,改製原戸籍)謄本

4. 被相続人の子(及びその代襲者)で死亡している方がいらっしゃる場合,その子(及びその代襲者)の出生時から死亡時までのすべての戸籍(除籍,改製原戸籍)謄本

5. 被相続人の直系尊属に死亡している方(相続人より下の代の直系尊属に限る(例:相続人が祖母の場合,父母))がいらっしゃる場合,その直系尊属の死亡の記載のある戸籍(除籍,改製原戸籍)謄本

【申述人が,被相続人の兄弟姉妹及びその代襲者(おいめい)(第三順位相続人)の場合(先順位相続人等から提出済みのものは添付不要)】

3. 被相続人の出生時から死亡時までのすべての戸籍(除籍,改製原戸籍)謄本

4. 被相続人の子(及びその代襲者)で死亡している方がいらっしゃる場合,その子(及びその代襲者)の出生時から死亡時までのすべての戸籍(除籍,改製原戸籍)謄本

5. 被相続人の直系尊属の死亡の記載のある戸籍(除籍,改製原戸籍)謄本

6. 申述人が代襲相続人(おい,めい)の場合,被代襲者(本来の相続人)の死亡の記載のある戸籍(除籍,改製原戸籍)謄本

家庭裁判所から照会書が届く

家庭裁判所に必要書類を提出して、しばらくすると家庭裁判所から照会書が届きます。

間違いなく自分の意思で相続放棄をするのか、またなぜそうするのか等を回答します。

※この手続は、各裁判所によって方法が異なります。省略したり、面談を要求される場合もあります。

家庭裁判所に相続放棄が認められると

「相続放棄申述受理通知書」という書類が、家庭裁判所から送られてきます。

相続放棄が認められたとしても、それだけによって借金の債権者からの請求が止まるわけではありません。

債権者に対して「相続放棄申述受理通知書」を提示して、相続放棄したことを伝えなければなりません。

この提示は裁判所はしてくれませんので、ご自分でしなければなりません。

サポート費用

当事務所へ相続放棄の手続のサポートをご依頼していただくことができます。

相続放棄の期限が迫っている場合でお急ぎの場合は、別途1万円(税別)が必要です。

申述書作成プラン

料金 8,000円(税別)

内容

  • 適正な手続きの為、しっかりと事情を聞きます。
  • 相続放棄の申述書の作成代行をします。
  • 相続放棄をしたことを次の相続人に通知し、突然の借金の請求を防ぎます。

しっかりサポートプラン

料金 35,000円(税別)

内容

  • 適正な手続きの為、しっかりと事情を聞きます。
  • 相続放棄の申述書の作成代行をします。
  • 家庭裁判所への申述書の書類提出を代行します。
  • 裁判所からの照会に対する回答をサポートをします。
  • 相続放棄をしたことを次の相続人に通知し、突然の借金の請求を防ぎます。

おまかせサポートプラン

料金 45,000円

内容

  • 適正な手続きの為、しっかりと事情を聞きます。
  • 相続放棄に必要な書類を収集します。
  • 相続放棄の申述書の作成代行をします。
  • 家庭裁判所への申述書の書類提出を代行します。
  • 裁判所からの照会に対する回答をサポートをします。
  • 相続放棄が受理されたことの証明書の請求をおこないます。
  • 相続放棄をしたことを次の相続人に通知し、突然の借金の請求を防ぎます。

 

対応地域

大阪市、八尾市、東大阪市、堺市、枚方市、寝屋川市、柏原市、羽曳野市、 藤井寺市、富田林市、松原市、大東市、四条畷市、吹田市、茨木市、高槻市 ほか府下全域、京都府、滋賀県、奈良県香芝市、兵庫県、三重県、和歌山県

-相続手続きについて

Copyright© 植田司法書士事務所 , 2019 All Rights Reserved.